タロットカード・ワンド5

 当たるを超えた占い師中川昌彦

横浜関内占い月天子・東京占いマクトゥーブ
関内の占い師

タロットカードの絵柄の説明


青空の下で若い民兵たちが競技のように棒を振り回している。模擬戦のようだと述べられています。
衣服もバラバラですし、統制が取れているとも思えません。訓練以前の遊びのような状態が描かれています。



シンボルによる解釈


一見すると戦いを意味するタロットカードかと思いますが、ソード5と違い、空は真っ青な平和の色です。誰かを蹴落とすという意味合いはありません。

ワンド・火は命あるものが持つ本能的な、生き延びたいという熱意も表します。生き延びたい、もっと楽に生きたい、楽しみたい、欲を満たしたい、その為にはなにをすることが一番なんだろうかという優先順位をつけるタロットカードです。

5人の衣服がバラバラです。色々な欲望や主張が湧き上がっています。
人は見た目で判断しあいます。タロットカードには裸の人物が描かれているカードが何枚かあります、着飾る必要の無い素の自分を表します。
この五人が違う衣服を身に着けていることは、他人から自分をどう見られたいのかという点が定まっていないこともあらわしています。

そして、棒はどれもまだ地についていない。現実化していないことの表れです。
ワンド・火は生きるために必要な本能も表しています。
欲を満たすことを悪だと捉えたら、空腹で飢えて死ぬし、子孫を残すことも無くなってしまう。
日々の生活も自堕落になりかねません。



占う時に心に留める点


葛藤を表すときがあります。なぜ葛藤するのか、向上心があるからだと思います。
現状に不満は無い、だがもう一歩前進したい。この想いが僕たちの霊的向上のモチベーションになることもあります。このタロットカードが出たときは依頼者の向上心は強い、やりたいことも幾つかある、だがどれを一番にすれば良いのか悩んでいます。
優先順位をつけることで解決していきます。

葛藤や内心の混乱を意味するときもありますが、依頼者の心理状態は活気に満ちている場合が多いです。
あれもしたい、これもしたいとワクワクしている時にも出ます。
迷っているように見えてもカップ7とは違うことを占う側は忘れないようにしてください。どれを一番にするかは命術を使ってもいいでしょうし、二者択一のスプレッドでタロットカードを展開してもいいでしょう。

エネルギーが若々しく溢れ出しています
力いっぱい思う存分に動くようアドバイスをしましょう。
青い空が示しているように、自他を傷つけることは暗示していません。

潜在ポジションにワンド5、流れが思わしくない。こんな展開もあります。
筮前の審事をしっかりとしておけば、どこがひっかかり思うような展開にならないかが分かるはずです。

付き合いが長いカップル、だがなかなか結婚話が進まない。
そういう占いの最終結果がワンド5ならばどうでしょうか?
情熱はある、だが「結婚に向かっています」とは読めませんね。
他のポジションに目を向けてみて。理由が分るでしょう。

「最近の流れはどうでしょうか」という定期的な健康診断のような占いの時には、絵柄を見たままの「体を動かし体力を付けること」というアドバイスもあります。
手相を観て、野心線と運命線のバランスをとるアドバイスも有効ですよ。



占う時に使うフレーズ例


なにをしている時が、自分の中で一番意欲が湧きますか?
この質問に一番反対している身近な方はどなたでしょうか?
時間の配分さえ上手に出来たら問題はありません。
後回しに出来ることは後回しでも構いません。



ワンド5逆位置、占う時に心に留める点


どの棒が一番なのか気がついて、地面にしっかりと立てるというイメージです。
ワンド・棒の一本が垂直に立ち、力強く握りしめる→ワンドエースという絵柄を思い出してください。
もちろん、思いと現実は違いますから、それが吉なのかはタロットカードを展開しなおす場合もあります。

服の色が統一されるというイメージも付け加えましょう。
内心の葛藤を表すことが多いワンド5ですが、依頼者が心を閉じ外部と接触しないタロットカードではありません。心を閉じ接触を断つタロットカードは思い浮かびますよね?
制服効果ということがあります。
外部と接触するときに自分の意思がブレていたのでは相手に伝わりません。自分自身の方向性を論理だてて伝える事ができるように促すこともあります。

取り組み方がワンド5逆位置なのに、結果が思わしくない展開もあります。
依頼者が感じているフラストレーションに思いを寄せてください。
ストレスの発散方法を占う必要があるかもしれません。