タロットカード・ワンド10

 当たるを超えた占い師中川昌彦

横浜関内占い月天子・東京占いマクトゥーブ
横浜関内の占い師

タロットカードの絵柄の説明


男が主そうな10本の棒を抱え家のほうに向かっている。棒が重過ぎるのだろうか、男の背中は曲がり、両手で抱えた棒のせいで前途が見えず足元しか見ていません。
空は平和の象徴の青色です。



シンボルによる解釈


家は色々なタロットカードにも描かれています、ゴールを意味しています。
家までの道のりは平らで、ソードペイジのような丘陵ではありません。もう少し頑張ったら棒を全部運び込めるかもしれません。

棒・火は暖めるもの、命をもつものが生きていく上で大切な気力や情熱も表します。そして向上心の源でもある野心も表します。
描かれている男性の背中が曲がっています。持ちきれないほどの野心を持っているのでしょうか。
背中を向けている点から、現在の問題は内面から来ているとも読めます。



占い時に心に留める点


「この棒は、もたらす場所に幸せを運ぶものではないかもしれない」とも述べられています。
筮前の審事で依頼者と人や出来事との相関関係をしっかりと把握しておけば、どこが「場所」なのか浮かび上がってきます。
依頼者は、その場所をとっても大切にしているということを踏まえながら読んでください。依頼者の思いと結果が違うときがあります。

野望や欲望も棒・火の範疇です。
人は時として、あれも欲しい、これも欲しいという状態になります。もっともっと欲しいというときもあります。自分の能力以上のものを求めることがあります。
お釈迦様は「この世は苦である」とおっしゃいました。仏教でいう苦は、苦痛などとは違い「思い通りにならないこと」を意味します。
このタロットカードがでたときは、依頼者は思い通りにならない環境の中で全力を尽くしているということも忘れないでください。

たとえ、自分の能力以上のものを求めても、そのことが私利私欲で無いときもあります。
家・ゴールには誰が待っているのか?誰の期待を叶えたいのか?
そのことも踏まえて、このタロットカードを読んでいくと、単純に「棒を少し降ろしてください」とは言えませんね。
依頼者がもつ、誰かの願望に応えたいという気持ちや責任感も感じ取ってください。

家・ゴールは描かれているものの遠いです。まだ時間がかかることも意味しています。
肩の荷を降ろすときが来るまで一歩一歩前進しなければならないときもあります。休日が来るまで全力で仕事をしなければならないときもあります。
「あぁ、まだ木曜日か」というため息をついたことはあると思います。そのような状態も表しています。

このタロットカードが出たポジションによっては、依頼者が「ねばならぬ」という思いこみに囚われているときがあります。
「世界」のタロットカードがポジションによっては依頼者を追い込んでいるのと似ていますね。占う側の持っている【思い込みの解放法】というスキルを発揮するときかもしれません。
依頼者が気配りの出来る人なのか、アダルトチルドレン的な思考パターンに入っているのか見極めてください。

描かれている人物は、自分の持つ棒によって前が見えなくなり、足元しか見えていません。このことに対して、どのような提案をするべきでしょうか。
熱中する、一心不乱に行動するなどといったことの負の側面が出ている時などです。
依頼者が現在の問題に集中していればいるほど、周囲が見えなくなり自分自身を狭い枠内に押し込めているときもあります。
守り系のタロットカードが展開されていないかにも気を配って読んでください。そのタロットカードのエレメントから、なにを見つめ意識を集中するかを提案してください。

成功したことによる重圧とも述べられています。贅沢なプレッシャーですね!
栄誉や名声や成功することによる重圧も意味しています。それにより依頼者の心理、精神、環境が変化するかを見極める必要も出てきます。



占い時に使うフレーズ例


(迷いや葛藤系のタロットカードとともに出たとき)「成功の喜びとともに重圧もあります」
(決意が固いとき)「責任と、義務が出て成功へ向かっています。一歩一歩、大地を踏みしめるような感覚で進んでください」
(心理、潜在ポジションに出て、時系列が絞り込む系)「何本かおろして進んだほうが集中できますよ」



ワンド10逆位置、占い時に心に留める点

心理や潜在ポジションに、内面を覗き込むような感じのタロットカードが出ていないか気をつけてください。
依頼者が、棒・火に押しつぶされるというイメージです。しかもそれを自覚しています。
自らを追い込まないようなアドバイスをすることを忘れないように。

ブラックに近い勤務形態をしている依頼者ならどうでしょうか?介護で疲れ切っている人にはどうでしょうか?
「押しつぶされますよ、棒・火を降ろしてください」と単純なアドバイスが出来るでしょうか?
依頼者にも守らなければならないライフスタイルや家族がいるかもしれません。

これは、僕個人の超独断的な感覚なんだけど、ワンド10正位置、逆位置問わず展開されたときに「降ろしてください」とアドバイスする占い師はクズだと思っています。
依頼者にとって降ろすことは【塔】に繋がる感覚や変化をもたらす事があります。単純に読むのが難しいタロットカードです。
各ポジションと複合的に読む必要があります。